読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆Dream Color☆

主にアニポケを語る自己満ブログ

振り返ってみたpart4

第43話ニャゴシエーター・ニャース!ズルズキン説得作戦!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231516j:plain
サトシたちは、4個目のバッジゲットを目指して、次のジムのあるライモンシティに向けて旅を続けていた・・・が、ボロボロになって倒れているロケット団のニャースと遭遇する。
サトシたちの手当てのおかげで、意識を取り戻したニャース。ニャースは、作戦を失敗して本部からクビを宣告され、ムサシ・コジロウと別れて、身も心もズタボロになってあちこちをさまよっていたのだという。そんなニャースをみて、一緒に旅をしようと提案するサトシ・アイリス・デント。ニャースはもう悪いことはしないと約束して、一緒に旅をすることに決める。
そんな時、ギバゴがズルズキンに誘拐されてしまって・・・!?

まさかニャースがサトシ達の仲間になるなんて…思ってもみなかった…

第44話チョロネコにご用心!ニャースとミジュマル!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231527j:plain
ひょんなことから一緒に旅をすることになったニャースと旅を続けるサトシたちは、1匹のチョロネコと遭遇する。
"しょうわるポケモン"チョロネコの可愛らしさに一目で夢中になってしまった、ニャースとミジュマル。二匹はなんとかチョロネコの気を引こうとやっきになって、アピール合戦をしている。チョロネコはそんな二匹に、「自分の友達が洞窟に閉じ込められている」と助けを求めてきたのだった。
チョロネコにひどい目にあわされたというデントは、チョロネコの言うことを信用していない様子。
だが、サトシ・アイリスとニャースとミジュマルチョロネコを信じ、洞窟へとチョロネコについて行くことに決めて・・・!?

そういえば、ここから何でデントはチョロネコが嫌いなんだろうって疑問に思い始めた回だったなぁ…(未だに理由が分からないけど。w)

第45話オーベムダブランと夢泥棒!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231543j:plain
ニャースを加えたサトシたちは、ライモンシティに向かっていた。途中で日暮れを迎えた一行はキャンプの準備を始め、ニャースは薪によさそうな木の枝を探すことに。ニャースがなかなか見つからない薪を探しているとすると、"ブレインポケモン"のオーベムが現れて薪の束を差し出してくれた。
「どんな望みも叶えることができる」というオーベムは、料理に足りない材料を出してくれたりと至れりつくせり。そんなオーベムに、デントはリゾートホテルのスイートルームで眠りたいという願いごとを言う。
オーベムについて行くサトシたちは、なにもないはずの森の中に立派なリゾートホテルを見つける。不思議に思いながらも一行はそこに泊ることにするが!?

夢なのか現実なのか、観れば観るほど分からなくなった…www

第46話 ニャゴシエーター・ニャース!ツンベアーの森を突破せよ!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231601j:plain
ライモンシティを目指して、とある山へとやってきたサトシたち。嵐のせいで荒れている山道を進んでいると、"ひょうけつポケモン"のクマシュンが倒れていた。
クマシュンの元気を取り戻すために食べ物を探すサトシたちだが、やっと見つかった木の実を手に取ると、いきなり"とうけつポケモン"のツンベアーが現れた。そんな中、ニャースはニャゴシエーターとしてツンベアーの興奮を鎮めようとするが、ツンベアーたちは容赦なく"こごえるかぜ"を放って襲ってくるのだった。
山の保安官クリフのポケモン、"武術ポケモン"のコジョフーによって、何とか危機一髪でピンチを切り抜けた一行は、クマシュンをなんとか元の群れに戻そうとするが!?

とにかくクマシュンが可愛過ぎたよ!((オイ

第47話激走!バトルサブウェイ!!(前編)
第48話激走!バトルサブウェイ!!(後編)
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231640j:plainf:id:minniemouse-yanappu:20130918231651j:plain
ライモンシティに到着した一行は、地下鉄でポケモンセンターへ向かうことになった。
地下鉄の運転席を大興奮で凝視していたメトロソムリエのデントだが、列車は緊急停止してしまう。窓の外の様子をうかがうと、すぐ隣の線路を見たこともない車輌が通り過ぎたのだった。
ライモンシティの地下鉄を管理するサブウェイマスターのノボリ、クダリと合流した一行。二人によると、最近ダイヤにない"幽霊列車"が現れるようになったのだという。
幽霊列車の正体が気になりながらも、ポケモンセンターに向かった一行。通常のポケモンセンターにはない、ポケモンたちの心と体を癒す特別なサービスがあると聞いて、サトシたちはすべてのポケモンたちを預けることにするが!?

動くサブマスが見れただけで幸せ…♪( ´▽`)
やっぱりニャースはサトシ達を利用してたんだね…

第49話ジムリーダーはカリスマモデル!カミツレ登場!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231706j:plain
4個目のジムバッジをゲットしようとライモンジムに来たサトシたちとベル。ライモンジムは、電気タイプのポケモンを操る売れっ子モデルのカミツレがジムリーダーをつとめているという。
早速ジム戦にのぞもうとするベルだが、なんとバトル・フィールドではベルの父がベルを家に連れ帰るためにジムで待っていた。ベルは父になんとか旅を続けたいと説得を試みるが、父は全く聞く耳を持たないのだった。
そこで、カミツレは自分とベルのジム戦をベルの父に見てもらって、どれだけベルが成長したのかを見てもらうことを提案する。父の言葉から、カミツレとジム戦をして、負けたら家に帰ると父と約束をしてしまったベル。
そして、カミツレの"らいでんポケモン"ゼブライカとアイリスの"マイマイポケモン"チョボマキの白熱のバトルが始まる。

ベルのパパがバトルであんなにもキャラが変わるなんてワロタww

第50話ライモンジム!華麗なる電撃バトル!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231726j:plain
カミツレとのジム戦を前にして対策を練るサトシ。カミツレの強力な電気タイプのポケモンに対抗するため、カミツレポケモンにダメージを与えにくいピカチュウを外してジム戦のメンバーを立てることにした。やる気いっぱいのピカチュウはそんなサトシに不満な様子だ。
そして始まるジム戦。カミツレの"らいでんポケモン"ゼブライカに対し、サトシは"しんどうポケモン"のガマガルで対抗する。じめんタイプを持っているガマガルにはゼブライカの電気ワザは効かないのだった。サトシの作戦通りゼブライカに勝利するガマガル。しかし、次の相手"モモンガポケモン"のエモンガを前にして、1試合目で体力を使ったガマガルに疲れが見えてきたようで・・・!?

今回のジム戦はサトシがおっちょこちょいだった記憶が…www

第51話サトシ、デントVSサブウェイマスター!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918231749j:plain
ジム戦を終えたサトシたちは跳ね橋が復旧するまで、ライモンシティで一日を過ごしていた。メトロソムリエのデントは地下鉄に乗って、すべてスタンプを集めるとサブウェイマスターと試合ができると言うサブウェイ・スタンプラリーをすることにした。一方サトシとアイリスはライモンシティの観光をすることにして、一同は別行動で一日を過ごすことになった。
ビッグスタジアムでの観戦やミュージカルの観賞などライモンシティの見物を楽しむサトシ達だったが、そこに一匹の迷子になった"キバポケモン"のキバゴを発見し、飼い主を探すことに。
そして、サブウェイ・スタンプラリーを続けていたデントは、大事な友達とはぐれてしまったという少女に出会い、友達を探す手伝いをすることになった。
サトシとアイリス、デントはそれぞれの探し物を見つけることができるのか!?

私の好きなヤナップシャンデラが一気に出てて嬉し過ぎた*(^o^)/*

第52話サトシVSチャンピオン・アデク!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918232011j:plain
ホドモエジムに向けてライモンシティを旅立とうとしていたサトシたちは、パフォーマーストリートでライバルのシューティーと再会する。シューティーは子供のころにイッシュリーグチャンピオンのアデクと出会い、アデクを目標として強いポケモントレーナーになる決意をしたのだという。そのアデクが最近この近くに出現したという噂を聞いて、シューティーは探しているのだという。ついに、アデクと出会えたサトシとシューティーは早速アデクにバトルを申し込む。
そして始まったチャンピオンアデクとのバトル、アデクの"ずつきうし"ポケモンバッフロンに対抗するため、サトシは最大の相棒ピカチュウで挑むが…!?

シューティーがあんな性格になっちゃったのはアデクさんの所為でもあるんじゃ…www

第53話虹の彼方へ!マラカッチでミュージカル!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918232026j:plain
ホドモエシティを目指し旅を続けていたサトシたちはとある町でダンスの練習をする"サボテン"ポケモンマラカッチ達、「トリオ・ザ・マラカッチ」と、そのトレーナーのトビオと出会った。
トビオと「トリオ・ザ・マラカッチ」は、ライモンシティポケモン・ミュージカルのオーディションに受かるべく、腕試しとしてこの町のポケモン・パフォーマンス大会に参加しようとしているのだと言う。
大会で優勝をするために、ダンスのクライマックスの大技を完成させようと練習を重ねてるトビオたち。しかし、なかなかクライマックスの技がうまくいかないマラカッチ達を見て、サトシたちは大技が決められるように手伝うことに決めるが!?

マラカッチ達の大技がキマった時はこっちまで嬉しくなったなぁ…

第54話メブキジカ!春夏秋冬勢揃い!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918232040j:plain
ホドモエシティに向かうサトシたちは途中で寄ったポケモンセンターポケモン専門のカメラマン「ポケモンフォトグラファー」のロバートと出会った。ロバートは同じくポケモンフォトグラファーだった祖父が撮ったという、四季それぞれ姿をした"きせつポケモン"のメブキジカが一か所に集まって写っている写真をサトシたちに見せてくれたのだった。ロバートは祖父と同じ場所に行って、春夏秋冬の姿をしているメブキジカが一か所に集まっている写真を撮ることを心に決めているのだという。そんな決意を聞いたサトシたちは、ロバートとともに、四季それぞれのメブキジカが集まる場所を探しに行くことにするが…。

私も写真を撮るので、どこか同感しながら観てた!!

第55話ズルッグとわがままゴチム
f:id:minniemouse-yanappu:20130918232055j:plain
ホドモエシティを目指す旅の途中、サトシたちは1体のゴチムとそのトレーナーのコハルと出会うが、コハルはわがままな"ぎょうしポケモン"のゴチムの言いなりになってしまっているトレーナーだった。ゴチムはサトシの"だっぴポケモン"のズルッグをすっかり気に入ってしまい、コハルはなんとかサトシからズルッグを譲ってもらおうと必死だ。
コハルはサトシにズルッグと自分の手持ちポケモンを交換するように迫る。しかし、拒否するサトシに、バトルをしてサトシが負けたらズルッグを譲るように迫るのだった。サトシはコハルの挑発に負けてしまい、ズルッグをめぐってのバトルが始まった。ズルッグの運命はいかに!?

 キバゴにとってデントはただの変人みたいに思ってるんだなぁって思ったwwww

第56話アイリスとモノズ!育て屋修行!!
f:id:minniemouse-yanappu:20130918232104j:plain
ホドモエシティへと旅を続けるサトシ達は、途中でポケモンの育て屋のボビーと、3匹の“そぼうポケモン”のモノズと出会う。
3匹のモノズたちは、初めて育て屋に預けられてトレーナーを探すために脱走してしまったのだという。ドラゴンタイプの世話を経験したことが無く困っているボビーのために、竜の里出身のアイリスは世話の手伝いを申し出、サトシ達も一緒に手伝うことに。
早速世話を始めるサトシたちだったが、一匹だけ人見知りが激しく、育て屋に預けられて以来、ご飯を食べず元気のないモノズに苦戦する。アイリスはこの人見知りのモノズと何とか心を通わせようと奮闘するが…!?

これはいい回だった!!最後のモノズとの別れに感動…>_<…

part5に続く…